赤い羽根共同募金・歳末たすけあい運動

共同募金事業

1947年にスタートし、毎年10月1日~12月31日までの間実施されます。

『赤い羽根』は、アメリカの共同募金の象徴として使われていたものを、日本でも募金の象徴として援用したのがはじまりです。

全国いっせいに募金を行うため、厚生労働大臣の告示によって、募金期間が決められています。

12月中は歳末たすけあい募金もあわせて行います。

寄付付き商品大募集(町内企業様向け)

今年も、10月1日から赤い羽根共同募金運動を展開します。寄付つき商品の取り組みでは、協力企業様に赤い羽根共同募金への寄付付き商品を販売していただき、その売り上げの一部を寄付していただきます。社会貢献をしながら、自社のPRにもつながります。実施期間は10月1日から11月30日です。まずは社会福祉協議会までお気軽にお問い合わせください。

ボランティア

共同募金は、寄付する人も募る人もボランティアです。

皆さんの温かい「たすけあい」のこころが この募金を支え、民間の福祉活動を推進させます。

街頭募金

赤い羽根共同募金

10月1日より町内の各団体の協力を得て、町内各所で街頭募金をおこなっています。

皆様のあたたかいご協力をお願いいたします。